牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

疾患情報

2020.07.21 脊椎外科

腰椎すべり症【脊椎外科】

腰椎すべり症は大きく分けて、分離すべり症と変性すべり症があります。分離すべり症は元々腰椎の分離があり、骨の連続性が失われ腰椎が前方にすべってきた状態で、第5腰椎に多くみられます。変性すべり症は分離を伴わないすべり症で第4腰椎に多く、中年以上の女性に多くみられます。症状はすべりによって脊柱管が狭くなるため、腰部脊柱管狭窄症と同様の症状(腰痛、下肢痛、下肢しびれ、間欠性跛行、排尿障害など)がみられます。X線検査、MRI検査で比較的容易に診断がつきます。

腰椎すべり症の治療

腰部脊柱管狭窄症などと同様に、コルセット装着、温熱療法、薬物療法、神経ブロックなどの保存的治療が原則です。症状が進行する場合や排尿障害が出現した場合は躊躇せず手術を受けられた方がよいでしょう

腰椎すべり症に対する手術

後方からの除圧術(顕微鏡下あるいは内視鏡下)、腰椎固定術、除圧術と固定術の併用などの方法があります。当院では傷を大きくしない(低侵襲)除圧、固定術を行っております。

腰椎すべり症に対する低侵襲腰椎後方椎体固定術

背中の中心線より約4cm外側に約3cmの長さの皮膚切開をします。円筒型の開創器を入れて、その中で神経が圧迫されないように手術し(内視鏡下)、骨移植を行い、さらに椎間板に人工の椎間ケージを挿入して椎体間固定を行います。

立位で機能撮影 L4/5の辷りが強

チタン製のスクリュー、ロッド、及び人工椎間ケージです。(患者さんによってはPEEK素材を使うこともあります。)

椎体間固定を行った後、皮膚外側から特殊な器械を用いて上下の椎弓根(ついきゅうこん)をスクリュー(棒状の金属)で固定します。この操作により椎体固定の強度が補強され、また正常の形に近く戻すことができます。

<   一覧へ戻る >  
Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.