牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

看護部

看護部について

看護部長あいさつ

私たち看護職員は、法人の理念である「一人ひとりの幸せな人生を支えるために」法人の約束である『Professional』『Heart』『Team』を守るために、看護職員として誇りと謙虚さを忘れず、あたたかい思いやりの心をもち患者さんに寄り添った看護の実践に取り組んでいます。 多職種とともに連携し、和をもった医療チームの一員として、患者さんの立場に立ち、  患者さんの入院から退院までの継続した看護と地域で安心して生活するために必要な支援を行っています。  牧整形外科病院の看護職員は、整形外科看護に興味を持ち整形外科看護を極めたいという思いを持って入職してきてくれています。理想の整形外科チームの一員として誇れるように、日々研鑽に努めてくれています。  牧整形外科病院で働く看護職員一人一人が、やりがいを感じ働き続けることが出来きるように、思いやりのある「明るく・楽しく・げんきある」職場環境つくりに取り組んでいます。


看護部長 
認定看護管理者
永山 祝子

看護部基本方針

1.地域医療の発展のため、チーム医療の一翼を担い連続性のある適切な看護を提供します。
2.常に患者の立場に立った、思いやりのある安全な看護の実践に努めます。
3.地域住民のニーズと信頼に応えられるよう、看護およびその他のヘルスケアに関わる教育をサポートします。
4.高度専門医療に対応できるように知識・技術の研鑽に努め看護のレベル向上を図ります。

私たちが、求める・育てたい看護職員像

1.相手の立場に立った温かい配慮や対応ができる。
2.適切なコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことができる。
3.専門職業人として自己の能力を向上させることができる。
4.組織の一員として自律し、自己の役割を果たすことができる。

看護部の概要

看護配置 入院基本料1(7対1看護)
看護方式 固定チームナーシング
看護単位 一般病棟 2単位(各40床)、外来 1単位、手術室・中央材料室 1単位
勤務体制 2交代制
福利厚生 育児短時間制度あり、院内保育所あり

各部署紹介

4階病棟

4階病棟は、主に脊椎疾患による手術目的で脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの方が 入院されている病棟です。 20歳代から高齢者までの幅広い年代の患者さんが入院されています。手術翌日よりリハビリテーションに取り組みながら、ほとんどの患者さんが自宅退院されています。 腰椎圧迫骨折の患者さんには、入院時より骨粗鬆症リエゾンチームが介入しています。骨密度測定や血液検査で骨粗鬆症と診断された場合、入院中より治療を開始し二次骨折予防を行っています。医師、理学療法士、薬剤師、社会福祉士など多職種と連携し、患者さんの早期回復に向けて取り組んでいます。

5階病棟

5階病棟は、関節疾患・スポーツ外傷者の周手術期~リハビリ期に関わり、退院後の生活をイメージした医療を提供しています。医師・セラピスト・MSWとカンファレンスをしたり、多職種とともに勉強会を企画したりと、風通しの良い活気ある病棟です。 入退院が多い中でも、看護師一人ひとりが「患者さんファースト」を意識し、温かい声かけと、安心感のある笑顔で看護を実践しています。

外来

整形外科専門病院として一般外傷の他に脊椎、手外科、スポーツ外傷、ペインクリニックの専門診療科を擁し、24時間365日救急をうけいれしています。 患者さんに寄り添い、円滑な診療が提供できるよう情報収集を行い、待ち時間の短縮に心がけています。

手術室・中央材料室

手術室は5室あり、各手術室には専門性に応じた最先端の医療機器が備わり、脊椎、手外科、関節、スポーツの手術を実施しています。新しい分野の手術にも対応できるように、勉強会の開催や知識・技術の統一化、術式に応じたマニュアルを随時更新しています。また、患者さんの個別性を考慮した、質の高い手術室看護の提供ができるように努めています。

新人看護職員研修について

4月 入職時研修(静脈留置針,採血,吸引,褥瘡管理,重症度,医療・看護必要度,医療安全,感染管理,フィジカルアセスメント,多職種間の連携
6月 フォローアップ研修①
7月 急変時看護(AEDの使い方)
8月 ローテーション研修①
9月 フォローアップ研修②
10月 メンバーシップ研修
11月 ローテーション研修②
12月 認知症患者の看護・看護倫理
1月 ME機器研修
3月 フォローアップ研修③

研修風景

先輩ナースの声

~日々やりがいを感じている活き活き中堅ナース~

看護師になって6年目です。牧整形外科病院に入職して3年目になります。 私が働く5階病棟は、人工関節とスポーツ整形をメインとした病棟です。人工関節はTHA・TKA・肩関節と幅広く展開したくさんの症例を学ぶことができます。前病院では整形外科の経験も無く入職前は不安でしたが、スタッフが丁寧に教えてくれました。 スポーツ整形の医師とともに、メディカルチームとして同行させていただきました。貴重な経験ができ、日々やりがいを感じ働いています。

~日勤専従ママさんナース~

4階病棟で働いています。 私は現在、産休・育休・育児短時間勤務を経て、子育てをしながら日勤常勤で勤務しています。まだまだ子どもに手がかかり、大変なことも多いですが、上司や同僚の理解・協力もあり、キャリアを途絶えさせることなく、やりがいのある毎日を送っています。 整形外科の日勤は、患者さんの「できるようになったこと」の変化を近くで見ることができます。笑顔で退院されていく姿を見られるように今日も頑張ります。

~運動器看護学会認定看護師~

私は、4階病棟で働いています。子育て中のため非常勤ですが皆さんのおかげで楽しく働くことができています。多職種の方々も気軽にコミュニケーションがとれ働きやすく感じます。整形外科看護は患者さんの生活に直結しており、入院中から患者さんの疾患だけでなく社会背景にもしっかり着目し介入し調整が必要とされます。私は、運動器看護学会認定看護師です。役割は、実践・連携・指導です。まだまだ十分貢献できているとは言えませんが、できる限り職場環境が良好なバランスがとれるように意識して働いています。何より、日々整形外科看護に関わることができて幸せに感じています。今後も看護の質の向上に貢献できるように活動していきたいと思っています。

Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.