牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

整形外科

整形外科のご紹介

最小侵襲手術を目標として、整形外科疾患に幅広く、高い専門性で対応いたします。
各種骨折には迅速に手術を行い、脊椎手術には顕微鏡(マイクロサージャリー)を用いた低侵襲手術とリハビリにより早期復帰を目指しています。手術ほぼすべてにクリティカルパスを用いて標準的な治療計画のもとに治療を行っています。

整形外科の概要

低侵襲手術を主に最新の治療を

脊椎疾患は骨粗鬆症、脊椎圧迫骨折、脊柱管狭窄症、靭帯骨化症、頚髄症などの加齢による疾患が増加の一途をたどっています。高齢化社会における健康寿命を延ばせるように低侵襲手術を主に最新の治療を提供します。また、腰痛や肩こりにお悩みの方もお気軽にご来院ください。

その他の概要

  • 経験豊富、充実したリハビリテーションスタッフにより、入院・術後早期より、医師・他職種と密な連携を取り、安全に配慮した質の高い急性期リハビリテーションを提供します。スポーツリハでは、手術後のフォローはもちろん、保存療法で競技復帰を目指す選手に対し、専門スタッフ陣が機能面から動作面まで多角的なアプローチで支援します。また近隣の大学や高校の運動部へ定期的なトレーナー派遣も行い、障害予防にも努めていきます。
  • 手術はほぼ全てにクリティカルパスを使用し、患者さんに病状や治療内容経過をわかりやすく説明しています。
  • インフォームドコンセント(説明と同意、納得)、セカンドオピニオン(第3者の意見)推進に努め、X線・CT・MRI画像等をCD-ROMにより提供しております。
  • 外傷(特に高齢者)に対しては低侵襲早期手術、早期離床、在宅復帰を心がけています。
  • 術後、長期リハビリ入院を希望される方には、連携パスを用いて関連施設の牧リハビリテーション病院等をご紹介させていただいております。

データベース事業への参加について

当科は日本整形外科学会が実施するデータベース事業・日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)に参加しています。詳しくはこちら【PDF】をご覧ください

整形外科の医師紹介

Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.