牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

膝関節外科

膝関節外科のご紹介

膝関節外科では、前十字靭帯断裂、半月板損傷、膝蓋骨脱臼、離断性骨軟骨炎・軟骨損傷など幅広い疾患を診療いたします。

膝関節外科の医師紹介

主な症状と治療

変形性膝関症

膝関節軟骨の摩耗により欠損が生じ、関節周辺に変形をきたし痛みの原因となります。痛みの症状をそのままにしておくと、膝の変形や足の長さの違いが生じ、動作に支障が出てきます。
60歳以上の80%にレントゲン上に何らかの変化が認められ、40%で関節痛や可動域制限などの症状を伴い、10%で日常生活に支障が伴います。
治療方法は保存療法と手術療法で、保存療法では疼痛が十分に取れない方に手術療法を行います。

保存療法、手術療法について

保存療法には、運動療法や装具療法、薬物療法(NSAIDs) 、外用(湿布など)ヒアルロン酸注射などがあります。
手術療法として、内視鏡手術(鏡視下滑膜切除、マイクロフラクチャー)、切開手術(HTO、UKA、TKA、モザイク(自家骨軟骨移植術))などがあります。

その他の対象疾患

膝関節外科の手術実績

症例2019.9~2020.8実績
半月板切除・縫合術52
膝前十字靭帯再建術41
Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.