診療時間のご案内

診療受付

▼月曜日~金曜日(予約制)
(午前)9時~11時30分
(午後)14時~17時

▼休診
土曜・日曜
・祝日・年末年始(12/30~1/3)

面会
コロナウイルス感染症対策のため
原則面会禁止

患者サポートセンターのご案内

いつも患者さんの視点に立ち、“つながりを大切に”をモットーに、
気軽にご利用いただける病院の窓口に努めています。

患者サポートセンターのご案内

おおさかグローバル整形外科病院の窓口として患者サポートセンター(地域連携課/医療相談課)を設置し、地域をはじめとした医療機関の先生方よりご紹介いただいた患者さんの診療がスムーズに行われるよう、電話・FAXによる外来受診等を円滑に執り行っております。また、当院に受診、入院された紹介患者さんの近況報告等を、ご紹介元の診療所・病院の先生方へ迅速にお知らせしています。紹介患者さんを通じて、地域の診療所・病院の先生方と当院との機能分担の役割を果たし、双方の連携の橋渡しとなるよう、診療に関わるさまざまな情報提供および情報管理にも努めています。

ご相談内容に応じて専門家がサポートいたします。

地域連携課の主な業務内容

  • 紹介受診調整、紹介状・返書管理
  • 外来・入院相談
  • 他医療機関への逆紹介
  • 地域の様々な情報収集、その他広報活動
  • リハビリ連携
  • 研修会、勉強会、各種イベントの開催企画や参加

医療相談課の主な業務内容

病気に関係しておこる、患者さんやご家族さまの不安やさまざまな問題を一緒に考え、問題解決に向けて医療ソーシャルワーカー(MSW)が支援させていただきます。

  • 入院に関して聞きたいことがある。
  • 退院後の生活やその準備に不安や悩みがある。
  • 健康保険や年金、介護保険や社会福祉制度について知りたい。
  • 医療費の支払いや生活費などの経済的な心配がある。
  • 介護保険・身体障害者手帳の申請・利用について知りたい。
  • 大腿骨頚部骨折地域連携パスの運用について知りたい。
  • 誰に相談したらいいのかわからない。
  • 苦情相談等…。
  • 相談等でご来院される場合は、面談等が重なりお会いできないことも考えられますので、可能は範囲で事前にご予約をお願いいたします。
  • 相談についての秘密は厳守いたします。
  • 相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

入退院支援看護師の主な業務内容

  • 入院前に病歴、アレルギー情報、介護保険の有無(介護サービス内容)、在宅での生活状況、 ご本人もしくはご家族の困りごとや相談等の聞き取り
    →相談内容によっては適切な職種(栄養士・薬剤師・医療事務・理学療法士・医療ソーシャルワーカー等)にご相談できるようご案内致します。
  • 入院生活のご案内等

入院前に聞き取った情報は病棟看護師と共有し、入院中は安心して治療に臨めるようサポート致します。
患者さんにとって入院や手術は大きなイベントです。入院前に患者さんやご家族のお話を伺い 、不安や心配事を少しでも解消し、緊張を和らげることができるよう努めています。
不安なことや困ったこと等がございましたら、入退院支援看護師にお申し付けください。

患者サポートセンターへのお問い合わせ

設置場所 患者サポートセンター(案内図参照)
連絡先 TEL:06-6786-6202(直通) FAX:06-6786-6203(直通)
受付時間 8:30~17:00 
※土・日・祝・年末年始(12/30~1/3)を除く。
※FAXは24時間稼動。ただし、受付時間外は翌日以降のお返事となりますので、ご了承ください。
構成 センター長 森 正樹 医師(脊椎外科部長兼任)
副センター長 西前 慶枝(看護部長兼任)
地域連携課 3名
医療相談課 3名(MSW 2名 退院調整看護師 1名)
看護師長 1名
入退院支援看護師 3名
  • 上記以外の時間帯・休日につきましてはFAXのみ対応させていただき、翌日または休日明けに地域連携課より改めてご連絡いたします。なお、時間外・休日等で緊急を要する患者さんの場合には当院代表電話(06-6786-6200)へご連絡をお願いいたします。

案内図

病診・病病連携

「かかりつけ医」をお持ちですか?

日頃からの健康相談や病気の初期治療、慢性疾患の治療、緊急時すぐに相談できる地域の診療所やクリニックなどの身近な医師のことを「かかりつけ医」と言います。
「かかりつけ医」は、病状に応じて、入院や検査が必要であると判断した場合には、適切な病院の診療科を紹介してくれます。また、紹介状を書いてくれますので、紹介先の病院で二重の検査や投薬を防ぐこともできます。

「かかりつけ医」を持つことで、より安心な医療を

「かかりつけ医」を持ったからといって、他の医師にかかることができなくなったり、入院しにくくなるという心配はありません。
当院では、「かかりつけ医」からの紹介で、よりスムーズに受診していただき、症状が安定すれば、また「かかりつけ医」の先生に紹介させていただきます。地域全体で連携を深め、地域で完結できる医療を目指しています。

逆紹介について

当院から、地域の医院・診療所などの医療機関に紹介する場合、一般的に逆紹介といいます。病状が安定した患者さんは、「かかりつけ医」または、ご自宅近くの医院・診療所へ逆紹介しています。 当院での治療後、病状が安定した患者さんには、当院医師の判断のもと、
・紹介状を持参された方は、紹介元の「かかりつけ医」へ紹介いたします。
・紹介状なしで来られた方には、ご自宅近くの医院・診療所の先生にご紹介いたします。
逆紹介した後、病状に変化があった場合には、「かかりつけ医」からの紹介状をご持参ください。「かかりつけ医」と当院医師と連携して治療にあたらせていただきます。

大腿骨頚部骨折地域連携パス

大阪市立総合医療センターとおおさかグローバル整形外科病院が計画管理病院として、地域の回復期リハビリテーション病院と提携することで、患者さんの診療の質の確保、円滑な転院調整に努めております。

 

提携している回復期リハビリテーション病院のご紹介

  

〒536-0008
大阪市城東区関目6丁目15番30号