牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

疾患情報

2020.07.21 脊椎外科

腰椎分離症【脊椎外科】

腰椎の後方部分である椎弓と椎弓根の間(関節突起間部)の骨の連続が絶たれ、腰痛や下肢痛をひきおこす病気です。成長期のスポーツ活動などによる椎弓根部の疲労骨折が原因といわれていますが、先天性の素因も関連するようです。第5腰椎に起こることが多く、経過によっては腰椎が前方にすべって、分離すべり症になることがあります。症状は腰痛が主ですが、分離部の軟骨や骨が増殖して神経を圧迫すると下肢痛も出てきます。診断はレントゲン写真でつきますが、早期の分離症ではMRIやCT検査でないとわからないこともあります。

腰椎分離症の治療

コルセット装着、薬物療法、筋力訓練等保存的治療が基本ですが、日常生活に支障がある場合や下肢痛が強い場合は手術も考慮されます。早期の分離症では、コルセットの装着により分離部の骨癒合が期待されますが、完全に分離してしまうと骨癒合は期待できません。ただし骨癒合しなくても痛みがなくて日常生活に不便がなければ手術は不要です。

腰椎分離症に対する手術

保存的治療で効果がみられず、日常生活に支障がある場合は手術が選択されます。手術には、分離部を修復あるいは固定する方法、分離部で神経の圧迫がある場合は分離部での神経除圧術(内視鏡で手術可能)、椎間不安定性のある場合は腰椎固定術などがあります。どの方法を選ぶかは主治医とよく相談の上決定されるのがよいと考えます。

<   一覧へ戻る >  
Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.