牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

コラム

2020.07.27 その他

理事長の牧 恭彦です。

牧整形外科病院のHPリニューアルに伴い、ご挨拶と自己紹介をさせて頂きます。
現在はメスを置いて、トリアージ外来と長年診ている患者さんのフォローをしております。外来患者さんが多いときはヘルプに出ることもあります。
外来の症状部位別割合は、腰、膝、首、肩、手、足くらいの順でしょうか。
来院される患者さんは、他の医療機関や接骨院などで診てもらったが治らない、原因が分からないなどで来られる方が多いようです。
詳細にお話をお聞きして、必要な検査を行い、痛みなどの症状をとるための治療を行います。
患者さんの希望(受診動機)は当然ながら、一刻でも早くつらい痛みから解放されて、元の生活やスポーツに戻ることかと思います。それを全力で手助けするのが我々の役割です。
患者さんのカルテ、データは患者さんのものです。検査データ、XP、CT、MRIなどの画像もDVDにコピーしてお渡ししております。最近は電子カルテの画像モニターを携帯で撮影される方もいらっしゃいます。我々、牧ヘルスケアグループはmedical for happiness を理念として、医療をベースにした事業を通じて皆様の幸せを実現します。
手術対象の患者さんや専門的な診察が必要な患者さんは、精査の上、専門医へ繋げます。
また、通院やリハビリの患者さんはできるだけ地域のかかりつけ医の先生へ逆紹介するようにしております。近隣の先生方はほぼ旧知の間柄ですので、スムースな紹介が可能です。
さらに高度な検査や治療が必要な患者さんは、高機能病院(大阪市立総合医療センター、関西医大総合医療センター、済生会野江病院、関西電力病院、北野病院など)との連携も密にとっておりますので、希望される病院を紹介させていただいております。またケアマネジャーの資格を持ち、協会の理事をしているので、介護関係のネットワークも豊富です。
昭和38年大阪市旭区に生まれ、清水小学校⇒旭東中学校⇒大手前高校、昭和63年に神戸大学を卒業しました。同級生には高名な山中教授がいます。京都大学整形外科教室に入局し、京大病院、倉敷中央病院、岸和田市民病院に勤務後、平成5年に牧病院へ戻って参りました。
内環沿いの旧牧病院、新森に移転した新牧病院を経て、平成30年城東区に念願の牧整形外科病院を開設することができました。この4月からは教室の先輩である藤尾先生を院長にお迎えし、さらに診療レベルを高め世界に通用する病院となることを目指しています。何卒よろしくお願い申し上げます。

一覧へ戻る >  
Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.