牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

院長あいさつ・理念

患者さんの
立場に立った診療を

院長 藤尾 圭司

私は大学を卒業後、現在のレジデント制度にあたる研修病院(神戸市立中央市民病院)を5年間経験し、その後各地の病院を経験してまいりました。整形外科では高齢化に伴う機能低下にどう対応していくか、またスポーツ、リクレーションなどが盛んになる中その外傷にどのように早く社会復帰できるよう我々医療人が工夫していくかが問われています。
どうしたら医師と患者さんとの良好な関係を築き、患者さんから信頼され、その事で医師が輝けるような環境を築けるかを常に考えてきました。

前任の関西電力病院では14年かけて理想に近い整形チームを作り上げてきました。
その実績を生かしつつ、理想の整形外科チームを作るため、我々牧整形外科病院では、最先端の医療機器を整えて脊椎、手外科、関節、スポーツ、外傷に関しての専門チームを中心に、職員全員が一丸となり、患者さんの状況を把握し、それぞれの専門医が横のつながりをもってどういった治療がベストかを考えていく体制を整えます。
そのためには病院医師と家庭医である開業医師と患者さんのそれぞれがwin-win-winの関係となるべく努力したいと考えていますのでどうぞよろしくお願いします。

病院基本方針
  • 我々の得意な整形外科領域において、世界的に先進、かつ高度な医療技術を獲得し患者様に提供してまいります。

  • 職員全員が、牧整形外科病院に所属していることを誇りに思えるように全ての環境を整えます。

  • 整形外科の24時間365日救急受け入れ態勢をとり、地域の救急医療に貢献し『断らない医療』を目指します。

  • 近隣の医療機関と連携し、地域医療に貢献する体制を作ります。

  • 医局学閥、出身大学を超えて、互いに尊重し支え合う質の高いチーム医療を実践します。

  • 整形外科プロ集団として各分野の臨床だけでなく教育、学術活動を積極的に行います。

法人理念
地域社会と共に歩み、
人々が「健康に生きる」ための
支援をいたします。

私たちの理念

牧ヘルスケアグループは、
地域の医療機関、介護事業所などと密接な連携をとり、
予防から急性期、回復期、維持期、在宅の機能を担う
「地域完結型の保健・医療・福祉複合体」として、
みなさまの幸せな暮らしを支え続けます。
私たちは「Medical for Happiness」の実現をめざしています。

私たちの理念

『Professional』
医療人としての誇りと謙虚さをもち、
日々研鑽を重ねます。

『Heart』
あたたかい想いやりの心とともに
あなたに寄り添います。

『Team』
和をもった信頼されるチームで、
あなたを支えます。

Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.