牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

疾患情報

2020.08.24 手外科・外傷

母指CM関節症【手外科・外傷】

最近では母指CM関節症においても関節鏡下に手術可能となっており、人工の靱帯を使って小さい創で手術が可能となりました。母指CM関節とは母指のつけ根の関節軟骨が変形し、つまみ動作で痛み(特にペットボトルの蓋を開ける動作)が出現します。

レントゲンで変形の程度をみます。程度が1なら装具や注射療法が効果あります。

しかし、程度が2を超えると痛みが改善しないことが多いです。そこで鏡視下に傷んだ軟骨や炎症の元である滑膜を切除し、人工靱帯で修復します。

手術後はギプスで2週間固定し、その後自分で動かします。約4週間後からリハビリで関節を柔らかくします。日常生活は約1ヶ月で復帰可能ですが、自分の親指になったと実感できるには約3ヶ月かかることが多いです。

患者さん自身の治癒能力を生かした手術法です。

XPでは徐々に関節の隙間ができていることがわかります。

一覧へ戻る >  
Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.