牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

疾患情報

2021.02.22 肩関節外科

鏡視下上方関節包再建(ASCR)【肩関節外科】

ASCR(鏡視下上方関節包再建)

腱板が肩甲骨関節窩(Gleloid)まで退縮した広範囲断裂に対して、修復が不可能な時、大腿筋膜を採取して移植腱(Graft)を作成して、これを腱板のかわりとして使用する手術。

適応:50、60代で、リバース人工肩関節の適応外の患者。
70代以上でも農作業など、力仕事を行っている。

ASCRの術後リハビリ


2週 完全固定 肘以遠の運動
2週~屈曲80度まで 外旋20度まで
4週~屈曲100度まで 外旋40度まで
6週~屈曲120度まで 外旋60度まで 介助自動運動開始
7週~屈曲 外旋フリー 外転も開始 自動運動開始

 

ASCRとリバースの比較

一覧へ戻る >  
Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.