牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

疾患情報

2020.07.21 肩関節外科 スポーツ整形

投球障害肩、SLAP損傷【肩関節外科】

投球障害肩の病態

SLAP 損傷や腱板損傷・断裂の状態(赤)まで進むと競技復帰に長時間を要し、手術を行ったとしても 術前と同じレベルに復帰することが困難です。病状が進行 しないよう早めに予防 や治療(運動療法や投球 フォームの修正、時に投球動作の禁止)を行って いくことが重要です。

関節唇

楕円形の形をした肩甲骨関節面の縁を取り囲むように円状についている軟らかい組織で肘からくる上腕二頭筋長頭筋腱(LHB)と一体化しています。

SLAP損傷

肩関節内後上方インピンジメントの状態を放置、投球動作を繰り返すと関節唇損傷が悪化します。投球動作の度にLHBの牽引力が働き、関節唇はLHBと一緒に肩甲骨から剥離し、しばしば腱板断裂を合併します。

SLAP損傷の分類(Snyder分類)

手術

タイプ1、3:変性した関節唇をシェ ービングして新鮮化する関節鏡下デブリードマンの適応
タイプ2:損傷した関節唇を縫合・修復するSLAP修復術の適応
タイプ4:必要に応じてLHBの修復(腱固定もしくは切除)

 

SLAP損傷の術後リハビリ

手術翌日よりリハビリ開始
術後1週間でウルトラスリングの枕を外し、2~3週間でウルトラスリングも除去
他動運動は痛みに応じて術後1日~1週間で開始
自動運動は痛みに応じて術後1週間~3週間で開始
術後2、3週間でウルトラスリングを外して自動運動開始
6週間は投球動作(外転位での外旋)禁止

目標
手術1ヶ月日常生活は制限無し
術後3か月で投球開始
術後6ヶ月で試合復帰

ウルトラスリング

SLAP損傷修復術を行った場合、スポーツ復帰はオーバーヘッド競技でおおむね 60%で術前と同程度、野球ではさらに復帰率は低くなることが報告されてい ます。

<   一覧へ戻る >  
Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.