大阪市北東部、門真市。患者さまの在宅や現職復帰をめざす、リハビリテーション病院。

牧リハビリテーション病院


診療部のご案内

特定医療法人清翠会トップ > 牧リハビリテーション病院トップ > 診療部のご案内 > 栄養科

栄養科

リハビリが進む体作りを目指します!

食事は体作りの基本。食事ができないとリハビリも進みません。安全で美味しく患者さま個々人にあった食事を提供します。また、食事は厳しいリハビリからの休息の場にもなります。他の患者さまと一緒に和やかに楽しく食べていただける様に栄養科一同励みます。

方針・目標

栄養科では、入院時に患者さまの栄養状態を把握し、個々人に最適な栄養ケアプランを提案しています。また、リハビリテーションを行っていくなかでめまぐるしく変化する身体状況に対し、お食事の内容もその変化にあわせきめ細やかで適切な対応を心がけています。

もちろん「入院生活のなかで食事は大きな楽しみのひとつ。」ということを忘れてはいません。患者さまに快適な入院生活を送っていただくために、少しでも満足していただけるお食事をご提供できるよう、日々努めています。

栄養科

基本方針
  • チーム医療の一員として適正な栄養管理の実現に努め、患者さまのADL・QOLの改善及び向上をめざします。
  • 「安全で美味しい食事」を基本に、患者さまのニーズに配慮したお食事をご提供します。
  • お互いを尊重し、協力しあえる職場環境づくりを心がけます。

食事療養

入院中のお食事について

当院では、患者さまの身体状況や病態にあわせたお食事をご提供しています。さらに、様々な食事形態をご用意していますので、嚥下や咀嚼に問題がある方へ迅速な対応をしています。また、適宜「嗜好調査」を実施し患者さまのご意見、ご要望を食事に反映できるよう努めています。

食器について

当院では、少しでも家庭的な雰囲気を味わっていただくために、陶器(強化磁器)の食器を使用し、温冷配膳車にて温かいものは温かく、冷たいものは冷たく召し上がっていただけるよう努めています。また、お箸やスプーン、湯呑などもあわせてご用意いたします。

選択メニュー・行事食について

当院では、行事食として毎月1回季節にあわせたメニューをご用意しています。また、常食と一部の治療食を対象に選択メニューを毎日実施しています。このような取り組みを通じ、患者さまに少しでも快適な入院生活を過ごしていただければと願っています。

NST(栄養サポートチーム)・栄養教室

当院では、NST活動を実施し、多職種(医師、看護師、PT、OT、ST、薬剤師、管理栄養士)で低栄養、嚥下障害、食事摂取量低下等の患者様の栄養状態の評価・サポートを行い、栄養状態の早期改善に努めています。また、2ヶ月に1回、糖尿病栄養教室を開催しています。糖尿病の患者様以外に、ダイエット・健康食に興味のある患者様、ご家族様にもご参加いただき、普段の食生活を見直す機会としていただいています。

栄養相談

お食事についてのご質問、栄養相談などを随時受け賜ります。お気軽に主治医または栄養士までご相談ください。


牧リハビリテーション病院

  • 病院について
  • 施設のご案内
  • 診療部のご案内
    • 医局
    • 看護部
    • リハビリテーション部
    • 薬剤科
    • 栄養科
    • 放射線科
  • 来院のご案内
  • 自由診療外来
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 特定医療法人清翠会 携帯サイト(http://www.maki-group.jp/mobile/)

医療施設
  • 牧病院
  • 牧リハビリテーション病院
介護施設
  • 牧老人保健施設まきろうけん
  • まきグループホーム
  • まきグループホームロイヤル
  • おとしよりすこやかセンター北部館
在宅サービス
  • まきデイサービスセンター
  • デイケア
  • 訪問リハビリテーション
  • 牧訪問看護ステーション
  • 牧ヘルパーステーション
  • 居宅介護支援事業所
  • 牧ふくし用具
  • 守口第5地域包括支援センター
  • 旭区東部地域包括支援センター
関連施設
  • 牧鍼灸院
  • ウイング門真
  • まき保育園みどり
  • 小山病院
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 当サイトについて
  • サイトマップ
  • リンク集
  • このページのトップへ