牧ヘルスケアグループ牧整形外科病院

スポーツ整形

スポーツ整形のご紹介

一般の整形外科では「痛みがあるのなら練習を休みましょう」と言われますが、スポーツ整形外科は「できるだけ練習しながら治しましょう」を第一に考えます。やむを得ず練習を休む場合、出来る事と、出来ない事を明確に指導しています。当院ではあらゆる疾患に対して最新の診断方法で正しく診断することを心がけ、リハビリでは理学療法士がアスレティックリハビリテーション(種目特性を考えたスポーツ外傷・障害の治療や予防も含めた動作指導)を行い、最短・最良・再受傷しないスポーツ復帰を目指します。スポーツ整形外科専門医とリハビリスタッフが密な連携を図り、充実した医療を提供しています。

スポーツ整形の医師紹介

主な症状と治療

前十字靭帯損傷・断裂

大腿骨と脛骨をつないでいる強力な靭帯で大腿骨に対する脛骨の前方移動と回旋方向へ動きすぎないような制御をします。
軟骨や半月板の損傷を併発する可能性が高く、手術をした場合はスポーツ復帰まで半年から1年かかる場合があります。

施術について

当院では、大腿屈筋群の半腱様筋腱(場合により薄筋腱併用)を用いた靱帯再建を行います(ST再建)。競技種目等を考慮し、骨付き膝蓋腱を用いる場合もあります(BTB再建)。術後1週間から部分荷重開始で入院期間は7日~10日間です。

半月板損傷

半月板は、膝関節への衝撃吸収は安定性の向上の役割をし、損傷すると膝の曲げ伸ばしの際に引っかかったり動かなくなったりします。

Copyright (c) MAKI Health Care Group All Rights Reserved.