大阪市城東区関目 整形外科病院 脊椎 人工関節 関節鏡 スポーツ整形 ペインクリニック 画像診断 MRI 24時間救急対応

clinic

牧整形外科病院 TOP  >  診療科・部門  >  ペインクリニック

ペインクリニック


ペインクリニックとは

さまざまな痛みの外来

ペインクリニック(pain clinic)のペイン(pain)は「痛み」を意味し、我々は「痛み」を専門的に診る診療科です。
ペインクリニックでは様々な痛みに対して、神経ブロック療法、薬物療法、運動療法を中心に痛みのコントロールを行っています。

対象となる病気

ペインクリニックでは様々な痛みを伴う病気が対象となり、代表的な病気として、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎手術後の痛み、変形性関節症、帯状疱疹に関連した痛み、頭痛、末梢血管障害(レイノー症状、閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患)などです。


当科について

牧整形外科病院では、平成30年4月からペインクリニック外来を開設しています。
外来を担当しています私は、平成15年に兵庫医科大学病院麻酔科に入局し、手術麻酔に8年間従事した後平成23年4月から平成30年3月まで兵庫医科大学病院ペインクリニックで、急性痛・慢性痛・癌性痛に対する診療を行ってきました。
牧整形外科病院ペインクリニックでは神経ブロックを施行する際にレントゲン透視、超音波を用いて、安全・短時間で処置が終了するように取り組んでいます。
痛みでお困りの患者さんがいましたら、是非当科をご紹介下さい。


  学歴・専門領域 資格等
恒遠 剛示
麻酔科部長
兵庫医科大学
  • 日本麻酔科学会指導医
    日本ペインクリニック学会
    ペインクリニック専門医

適応疾患について

痛みを伴う疾患であれば全て適応となりますが、代表疾患は以下の通りとなります。また、運動器の痛みで保存治療を望まれる患者さんや高齢のため手術適応とならない患者さんもご相談を頂ければと存じます。

— 代表疾患 —
・頭痛
・帯状疱疹関連痛
・脊椎疾患:頚椎症性神経根症、変性側弯症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎手術後症候群
・末梢血行障害:膠原病によるレイノー症状、バージャー病、閉塞性動脈硬化症
・慢性腰痛
・仙腸関節痛



診療内容

当科では神経ブロック療法、薬物療法と運動療法を中心に痛みのコントロールを行っています。薬物療法はNSAIDS、弱・強オピオイドや鎮痛補助薬を使用して、痛みの軽減を図りますが、薬剤の効果が乏しい、副作用で内服できない、痛みが強度な症例では神経ブロックを併用するようにしています。神経ブロック療法では、レントゲン透視下・超音波ガイド下に神経ブロックを施行し、安全・短時間で処置が終わるように取り組んでいます。

外来通院を主としていますが、痛みの強度が強く外来通院が困難な場合は、硬膜外チュービング+リハビリテーションによる入院加療も行っています。

神経ブロック療法

痛みを生じている神経に直接、あるいはその周囲に局所麻酔薬を注入して痛みの伝わりを遮断することで、痛みを緩和する治療です。
痛みの伝わりを遮断することで交感神経の興奮が抑えられ、痛みのある部位の血の流れがよくなり、筋肉のコリを緩め、痛みを引き起こす物質を洗い流す作用があります。当施設は、超音波(エコー)装置やレントゲン透視装置を使用することで、短時間で安全に神経ブロックを施行することが出来ます。
(例:顔面神経麻痺、突発性難聴、花粉症、鼻アレルギー、自律神経失調症、多汗症など)

神経ブロック注射の種類

星状神経節ブロック

頚部にある星状神経節(交感神経の中継点)に局所麻酔薬を注入。首の交感神経を一時的に麻痺させることで、頭・顔・首・腕・胸部など局所の痛みを和らげるだけでなく、自律神経のバランスを正して自然治癒力を高めるので、花粉症、自律神経系症状にも有効です。

硬膜外ブロック

背中から硬膜外腔(脳から背中につながる神経の束である脊髄を包んでいる硬膜の外側の空間)に局所麻酔薬を注入する治療法。頚部・胸部・腰部や上肢・下肢の強い痛みに有効です。

トリガーポイント注射などの各種末梢神経ブロック

痛みのある部位の比較的浅い神経に局所麻酔薬を注射します。

薬物療法

痛み治療に用いられるお薬の種類は年々増加していますが、全ての痛み止めのお薬が全ての痛みに対して効果があるわけではありません。
痛みの原因によって、痛み止めのお薬を選択しなければ、全く効果がないもしくは副作用ばかり出現する可能性があります。
以上のことから、痛みの原因を診断した後に内服するお薬を決めています。


痛みの症状について

  • 腰痛(腰椎椎間関節症・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛等)
  • 肩こり・首のこり、頚椎症、頚腕症候群
  • 帯状疱疹後神経痛、帯状疱疹、ヘルペス
  • 肩関節周囲炎・四十肩・五十肩
  • 膝痛・変形性膝関節症
  • 顔の痛み・三叉神経痛
  • 足関節痛・足関節炎
  • 頭痛・偏頭痛・群発性頭痛
  • 自律神経失調症・冷え症