診療科・部門 部門

臨床栄養科

おいしいという言葉を励みに栄養バランスを考えた入院治療食を提供します。

栄養バランスのとれた献立メニューは管理栄養士が作成、栄養状態に問題のある患者さんに対しては管理栄養士、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士の栄養サポートチームがチーム全員で回診、栄養の改善を図ります。

栄養科

基本方針

  • 患者さん本位の栄養ケアをチーム医療を通じて実践します。
  • 生活習慣病の2次予防や健康寿命延長に通じる、行動変容を促す栄養指導を実践します。
  • 協調性を持って職場を盛り上げます。

栄養相談

画一的なあれだめこれだめの指導はもう古い!!! 身長・体重などの身体計測データや血液などの臨床検査データ、患者さんからの食事記録などから、患者さんの食事の問題点を分析、実行できることから、しかし確実に現在の状態を変えていくよう管理栄養士が相談させていただきます。栄養相談は、随時受け付けておりますので、主治医にご相談ください。

栄養相談

食事療法

患者さんの病態に応じた食事を提供しています。また、アレルギーのほか噛むことや飲み込むことに問題のある患者さんなど、その時々の患者さんの状態に合わせた食事を提供しています。ストレスの多い入院生活を、少しでも和らげていただけるよう、季節の食材や、季節メニューにも気をつけています。強化磁器の食器は、家庭の食事と変わらない食環境を作る工夫の一つです。また、アンケートを実施し、患者さんのお声をよりよい食事に反映させています。