大阪市旭区、城東区、守口市、門真市。地域社会と共に歩む、牧ヘルスケアグループ 特定医療法人清翠会 看護部

看護部長ご挨拶

各施設の看護部長からのご挨拶

謙虚な気持ちを持ち患者さんから学ぶ姿勢であなた自身が憧れの看護師になってください。

医療法人清翠会は創設40年の歴史を持ち、地域の方のニーズに応えられるよう様々なステージの施設を持つ法人です。私たち看護職員一同は、高度化し多様化する医療サービスに対応できるよう、いつも患者さんに寄り添いながら、温かく信頼される看護を目指しています。「看護師には、経験しないものでも感知できる能力が資質として必要である。そして看護師は単なるアートではなく、人格である」とナイチンゲールは言っています。患者さんにとって良い看護を提供するためには、患者さんの痛みや思いを汲み取る必要があります。でも、どのように優れた知識と人格を持った看護師であっても患者さんの苦痛や不安をすべて理解することはできません。だからこそ、謙虚な気持ちで患者さんから学ぶ姿勢が大切だと思っています。


“真心に笑顔を添えた優しい看護”を、目標に頑張っているチームの一員になりませんか!

牧リハビリテーション病院の看護師は、真心と笑顔をモットーに、早期在宅復帰への取り組みを他職種と連携し、チームでサポートしています。種々の障害を持っておられる患者さんへの在宅復帰・社会復帰を目指す支援は個別性を要することが多く、ご家族への支援も、また必要となります。数ヶ月におよぶ入院期間の中で患者・家族と向かい合い、看護師として何ができるか、看護師だからこそできることは何かを私たちと一緒に見つけませんか?真心と笑顔でその人らしさを支えます"を看護部理念に、患者さんの安全を守り、質の高い看護を提供して、患者・家族に寄り添う看護を一緒に目指して行きましょう。



地域に根ざした暖かいケアを提供することが私たちの使命。

はじめまして。牧訪問看護ステーションの八津川です。牧訪問看護ステーションは旭区清水、高殿、守口市と3ヶ所に事務所があり、総勢30名近いスタッフがいます。ほとんどのスタッフが数年間の病院勤務の後、訪問看護のドアをたたいてくれました。在宅には病院では味わえない感動が沢山あります。在宅でのターミナルケアや独居や認知症の方・・・どの方もそれぞれの人生を精一杯生きていらっしゃいます。その姿を垣間見ることで、私たち訪問看護師は、人間と家族の持つすばらしい力を毎日感じています。『ありがとう』と心から涙してお礼を言っていただける仕事ってこの世に他にはないと思います。いつの日か訪問看護ステーションの扉を開いてみてください。待っています。


牧老人保健施設・おとしよりすこやかセンター北部館

病院を退院後や、在宅で高齢者を介護なさっているご家庭で、何らかの理由で在宅での生活が困難になった場合に、ある一定期間をご家族の代わり、利用者さまの心身を癒し、明るく元気に過ごせるように支援することを看護師の目標としております。利用者様の人格を尊重し、尊厳を重視し、一人ひとり利用者さまの個人的な事情を理解した上で、その人らしい生活を送っていただけるようにサポートしていきます。専門スタッフによるリハビリテーションや介護職員による生活面全般の介護等にて、利用者様が一日でも早く家庭復帰できるようにしていきます。看護師としては管理医師と協力することで、真心のこもった、家庭的な雰囲気の中で、身体機能・認知機能の維持・向上を目指します。そして、病状に応じて協力病院と連携を取り、安心して療養生活を送れるよう利用者様の健康を管理して、常に笑顔を忘れずに真心のこもった温もりのある看護を一緒に提供していきましょう。


サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP